ジョモリー(Jomoly)を顔に使うのは危険?

一般的にムダ毛というと、腕や足、脇などが一番気になるという人が多いと思います。

 

だけど実は、腕や足以外にも結構こまかく見られているんです。

 

男の子にムダ毛のことを聞いてみると、そんなところまで!という答えがあったりします。

 

電車の中で背中の毛が生えているのが見えてがっかりしたとか、キスするときに顔の毛が気になったとか。

 

キスするときに口まわりの毛も見られているなんて、これはもう恥ずかしいの一言!

 

普段自分では濃くないと思っていても、接近するから余計に見られちゃうのかもしれません。

 

今話題のムダ毛ケアアイテムのジョモリー(Jomoly)は、顔のケアもできるのでしょうか?

 

顔のムダ毛は、除毛クリームを使うことはできないし、カミソリで剃れば黒いブツブツが残って余計目だってしまいますよね。

 

カミソリを使うことで顔のお肌が痛むのも避けたいところ。

 

毛を細くしてくれるというジョモリー(Jomoly)で、顔のムダ毛もケアできればうれしいのですが。

 

ジョモリー(Jomoly)は顔に使っても大丈夫なのか、安全なのかを調べてみましょう。

 

ジョモリー(Jomoly)を顔に使うときに気をつける点

 

きちんとした使い方を知るには、やぱり公式サイトですよね。

 

ジョモリー(Jomoly)の成分は天然成分が主なので、特に注意するような刺激はなさそう。

 

なんと言っても石鹸ですしね、顔に使ってもきっと大丈夫。

 

そう思って公式サイトを見ていくと、Q&Aに気になる項目を見つけました。

 

ジョモリー(Jomoly)は顔にも使えますか?という質問だったのですが、意外にも注意する点があったんです。

 

ジョモリー(Jomoly)で顔を洗うことはできるようですが、眉毛やまつ毛を避けて使用してくださいとのこと。

 

これは盲点でした。うっかり普通に泡立てて洗顔してしまうところでした。

 

毛を生えにくく、細くさせるのがジョモリー(Jomoly)ですもんね。当然、まつ毛や眉毛にも効果が出てしまうのでしょう。

 

眉毛やまつ毛が細く、生えにくくなってしまっては困ります。

 

泡を広げすぎて、頭皮についてしまうのにも気をつけなくてはいけません。

 

顔に試用するときは、気になる部分だけ、もしくは目から下だけに使うのがよさそうです。

 

まとめ

 

顔の口まわりに生えてる毛、本当に処理には悩みますよね。

 

エステで処理をするのもいいけれど、金銭的な負担が大きくなります。

 

ジョモリー(Jomoly)でどんどん薄く細くなってくれるのなら、剃る必要も少なくなるし、こんなにうれしいことはありません。

 

ジョモリー(Jomoly)には美容効果もあるので、顔のお肌もつるつるすべすべになりそうです。

 

注意点にだけはしっかりと気をつけて、ジョモリー(Jomoly)で彼氏をがっかりさせない、つるつる肌を目指しましょう。

 

>>ジョモリー(Jomoly)の詳細はコチラ