陰部は自分で脱毛できる?自己処理方法を解説!

自分で脱毛をしようと思うと、陰部や背中などの見えない部分は難しいですよね。

 

色んな姿勢で鏡を駆使しても、カミソリや毛抜きを使っての処理は傷付けそうで恐いです。

 

脱毛サロンに行けば簡単ですが、お金や時間もかかるし陰部を見られるのが恥ずかしい・・・という人も多いはずです。

 

そこで、簡単・安全にできる陰部の脱毛方法を徹底調査しました!

 

実は知らなかったタブー・・・あなたはやっていませんか?

 

 

【陰部の脱毛・・・カミソリや毛抜きは使わずに!】

 

陰部の脱毛に使用しがちなカミソリや毛抜きですが、実は肌トラブルを起こしやすいと知っていましたか?

 

陰部の皮膚は他の部分に比べて薄いので、少しの刺激でも肌トラブルの原因になります。

 

まずは、カミソリや毛抜きを使った場合に起こる可能性があるトラブルをご紹介しましょう。

 

 

<カミソリによる肌トラブル・・・かぶれや湿疹に注意!>

 

カミソリをあてるという事は、肌の表面にある角質も一緒に削ぎ落としてしまうのと同じ事なんです。

 

カミソリでは皮膚より上に出ている毛しか剃る事ができないので、すぐに毛が伸びてきてしまいます。

 

短期間に何度もカミソリをあてる事でダメージを与え続けてしまうので、皮膚が負けて湿疹・かぶれ・痒みなどを起こしてしまう可能性があります。

 

カミソリは短時間で手軽に処理できますが、陰部への使用は適切とは言えません。

 

 

<実は恐い毛抜きのトラブル・・・肌が汚く見えてしまう?>

 

カミソリをあてる事で肌を傷付けてしまうなら、毛抜きの方が良いのでは?と思いませんか?

 

でも、実は毛抜きこそ肌トラブル起こす原因が満載なんです!

 

最も多いトラブルが「埋没毛」です。

 

抜いた毛が再生するよりも皮膚の再生が早いので毛穴が塞がれ、皮膚の中で毛が再生してしまう状態です。埋没毛は小ささ黒い点が見えてしまうので、剃り残しのように見えてしまいます。

 

そして、気を付けたいのが「毛嚢炎(もうのうえん)」です。

 

毛を無理に抜いてしまう事で、毛細血管を傷付けてしまいます。すると、毛根周りが赤みをおびて腫れてしまったり、痒みや痛みを伴う場合があります。

 

 

<脱毛しても肌トラブルを起こしては意味が無い!>

 

脱毛は繰り返し行う事で肌が刺激を吸収し、メラニン細胞が活発に働きます。

 

つまり、メラニン色素が過剰分泌されて、黒ずみや色素沈着の原因になってしまうのです!

 

陰部は特にデリケートな部分なので、色素沈着を起こし易いと言われています。

 

ツルスベ美肌になる為に脱毛をするのに、肌の炎症や色素沈着・埋没毛・毛嚢炎などで汚くなってしまっては意味がありませんよね。

 

陰部の脱毛には、細心の注意が必要なんです!

 

 

【陰部の脱毛は脱毛クリームやワックスがオススメ!】

 

陰部は自分で見えない分、脱毛クリームやワックスを使用して処理するのがオススメです。

 

ただし、市販の脱毛クリームやワックスの中には、毛を溶かす為の強い薬が配合されている物もあります。

 

皮膚が弱い部分には強い薬はNGです!

 

必ず、事前に陰部に使用できる物かを確認しましょう。

 

 

<形を決めて、丁寧に脱毛を!>

 

陰部を処理する目的によって、形を決める事も大切です。

 

元々、陰部は常にショーツに包まれている状態なので通気性が悪く、ムレ易い部分です。

 

更に、生理などで経血がついてしまうなど、清潔な状態を保ちにくい部分でもあります。

 

そこで、陰部を処理する目的によって、脱毛する範囲や毛の長さが変わってきます。

 

ローライズのショーツを履いてもはみ出る事がない形や長さにするのか、ムレを改善し清潔な状態を保つ為にハイジニーナにするのかなど、形や長さを決めて下さい。

 

また、脱毛クリームやワックスで処理した後は、保湿クリームやワセリンでしっかりとスキンケアをする事が大切です。

 

 

陰部の自己処理は脱毛クリームやワックスでするのが、最適な方法です。

 

時間をかけての脱毛なら、刺激の少ない抑毛石鹸や抑毛クリームを試すのもオススメですよ。

 

正しい自己処理方法で、トラブルのない脱毛をして下さいね。

 

 

 

>>抑毛・脱毛石鹸ならオススメNo.1!ジョモリー(Jomoly)の詳細はこちら