背中のムダ毛が上手く脱毛できない・・・

春〜夏にかけて薄着になってくると、気になるのが背中のムダ毛ですよね。

 

腕も脇も脚も完璧に脱毛しているのに、背中のムダ毛が処理できていないとガッカリです・・・。

 

しかし、背中は自分で見えない部分なので自己処理するには難易度が高いです。

 

でも実は、脱毛サロンでも背中の処理は難しい部分と言われているんですよ!

 

そんな難しい背中の脱毛方法を徹底調査!自分でもできる方法があるのかを、調べてみましょう。

 

 

【脱毛サロンでも背中の処理は難しい?】

 

脱毛サロンでも処理が難しいと言われている理由は、背中のムダ毛が特徴的だからなんです!

 

現在、脱毛サロンでは「光脱毛」や「レーザー脱毛」などの方法が多く採用されています。

 

特殊な光やレーザーをムダ毛に含まれる黒い色素に反応させて脱毛する方法なのですが、背中のムダ毛って脚や脇のムダ毛よりも細くて薄いですよね。

 

つまり、背中に生えている毛は産毛のような薄さなので、ほとんど光が反応せず脱毛が難しいのです。

 

脱毛サロンで背中に採用されている手法が、脱毛クリームやシェービングなどなら効果は期待できます。

 

しかし、光脱毛やレーザー脱毛では期待できる効果はあまりなく、何回も通う事で時間もお金もかかってしまう結果になります。

 

また、背中のムダ毛が脚や脇のムダ毛の様に、濃くて剛毛という人には脱毛サロンでも効果が期待できます。

 

 

【背中のムダ毛を自己処理するのに最適な方法が知りたい!】

 

背中のムダ毛を自己処理しようと思うと、鏡を駆使しないとできないですよね。

 

そしてカミソリや脱毛クリームによる処理をする人が、最も多いと言われています。

 

では、カミソリや脱毛クリームによる処理のメリットやデメリットを詳しく見ていきましょう。

 

 

<実は背中はデリケート?カミソリだと傷付けてしまう!>

 

薄着の季節になると見えやすい背中。実は強そうに見えて、背中の皮膚は弱いんです!

 

カミソリをあててしまう事で、皮膚の角質を一緒に剃ってしまいます。

 

すると、デリケートな背中の皮膚はカミソリ負けを起こしたり、炎症や湿疹を起こす可能性があります。

 

実際に、背中の脱毛をカミソリでするようになってから、背中ニキビが増えた・出始めたという女性は多いんです!

 

また、皮膚は紫外線や与えられた刺激を吸収し、メラニン色素の生成を促してしまいます。

 

つまり、カミソリによる刺激でメラニン色素が過剰分泌され、色素沈着が起きてしまうんです。

 

ムダ毛のない背中でも、色素沈着していてはキレイに見えませんよね。

 

そして、カミソリを背中に使うのは怪我をする恐れが最も高いです!

 

鏡越しに見えるとは言え、左右逆転になってしまい奥行が把握しづらくなるので、怪我をしてしまう可能性があります。

 

カミソリなら手軽に脱毛できますが、伴うリスクが大きいのでオススメしません。

 

 

<背中には脱毛クリームが最適?でも注意が必要!>

 

脱毛クリームを使用してのムダ毛処理は、背中にはオススメです。

 

塗って洗い流すだけで脱毛効果が得られ、広範囲を一度に処理する事ができるので時短になります。

 

しかし、脱毛クリームにも注意が必要です!

 

見えない部分なので、塗れている部分と塗れていない部分があると、仕上がりもまばらになってしまいます。

 

また、背中からうなじ付近を一緒に脱毛する時は、髪の毛につかないように注意しないといけません。

 

そして、脱毛クリームの中には毛を溶かす為の強い薬品が配合されている場合があります。

 

デリケートな背中には刺激が強過ぎて湿疹や炎症を起こす可能性もあるので、事前のパッチテストを必ず行って下さい。

 

最近では、パパイン配合のものやイソフラボン配合の脱毛クリームも多く、肌に優しく抑毛効果もあるのでオススメです。

 

 

背中の脱毛には脱毛クリームがオススメですが、やはりデメリットもあるので注意が必要です!

 

最近では、産毛を擦って取るタオルなども販売されているので、背中のムダ毛にも効果が期待できます。

 

いずれも少なからず肌への負担はかかってしまうので、処理前・処理後のスキンケアはしっかりしましょう。

 

 

 

>>背中にも安心して使える!ジョモリー(Jomoly)の詳細はこちら