男性ホルモンの抑制がカギ【毛を薄くする食べ物を紹介!】

毛を薄くする 食べ物

 

濃ゆいムダ毛にお悩みの方いらっしゃいませんか?

 

この記事を見ている方は少なくとも「ムダ毛に悩んでいる」のではないでしょうか?

 

肌荒れを気にして毎日カミソリなどで剃るわけにもいかないですし、だからと言ってムダ毛が生えたままなのも気が引けますよね。

 

抜くとなると「痛い」ですし時間がかかりますので、こまめに行うこともできません。

 

みなさん、毛を薄くする食べ物があることをご存知ですか?

 

普段の食事の中で、毛を薄くすることができればありがたいことですよね。

 

食べ物を食べることは生きるのに大切なことなので、食べることで毛を薄くすることができれば嬉しい限りです!

 

今回は、

毛を薄くする効果があると言われている食べ物を紹介します。

 

手軽に取れる<納豆>

 

日本人の食文化ってすごいですよね!

 

納豆に含まれる成分は「抑毛」に効果的なんです。

 

納豆には男性ホルモンの働きを弱めてくれる成分が含まれています。

 

女性よりも男性の方が毛深いのは、男性ホルモンの影響なんですが、その男性ホルモンは女性も持っている成分です。

 

男性ホルモンが増えホルモンバランスが乱れることで、女性のムダ毛は増えていきます。

 

納豆には、男性ホルモンの働いを弱めてくれる効果が期待できますので、普段の食事に取り入れることをオススメします。

 

大豆製品はすごい

 

納豆に限らず「大豆製品」はムダ毛の原因である男性ホルモンを減らし「女性ホルモン」を強化してくれる効果があると言われています。

 

みなさんがよく耳にする「イソフラボン」は女性にオススメの成分です。

 

ムダ毛の抑制だけでなく、月経不順や生理痛がひどいという方は「ホルモンバランスの乱れ」が原因かもしれません。

 

男性ホルモンを抑制しよう

 

ムダ毛の原因となる「男性ホルモン」を抑制する食べ物があります。

 

男性ホルモンの生成が抑制されると、自然に毛を薄くすることが可能になります。

 

ほうれん草

 

ほうれん草といえば、貧血予防の食べ物ですが、実は毛を薄くする効果もある一石二鳥の食べ物です。

 

ほうれん草にはインシュリンという、ムダ毛が濃くなる原因の成分が少なくビタミン類も豊富なので美肌効果も期待ができます。

 

ほうれん草だと普段の料理に手軽に加えることができるので、とても便利な食べ物です。

 

お肉より魚を食べよう

 

実はお肉って男性ホルモンを活発化させてしまいます。

 

みなさん、魚を食べる機会が減っていませんか?男性ホルモンが増えていますよ!

 

しかし、お肉にも大事な栄養があるので全く取らないなんて難しいですよね。

 

魚には男性ホルモンの1つである「アンドロゲン」という成分の分泌を抑制する効果があります。

 

男性ホルモンの生成が抑制されれば、ムダ毛が薄くなりますので積極的にメイン料理を魚にすることがオススメです。

 

例えば、お昼のランチを「肉野菜炒め定食」ではなく「焼き魚定食」に変えてみましょう。

 

お肉を食べる回数を少しづつ減らしていくと、身体にもムダ毛にも優しい食生活に変身していきます。

 

塩分は控えましょう

 

毛を薄くする食べ物を摂っていても「塩分が高い」と毛穴が大きくなりムダ毛も太くなってしまいます。

 

生活習慣病の引き金にもなる「塩分の取りすぎ」には注意が必要になります。

 

しかし現代ではファストフードの普及により、塩分の摂取量が増えていますので、極力控えていきましょう。

 

ダイエットもですが、毛を薄くすることも「ストレス」を溜めてはいけません。

 

いきなりすべてを変えるのではなく、徐々に変化をさせ身体が自然に慣れてくるようにしていきましょう。