すね毛の脱毛にはどんな方法があるの?

ミニスカやショーパンを履こうと思うと、必ずチェックするのがすね毛ですよね。

 

露出の多い季節には特に気を付けたい部分ですが、すね毛は脇や背中に比べると自己処理し易い部分です。

 

脱毛方法も複数あると思いますが、すね毛の正しい脱毛方法は何なのでしょうか?

 

今回は、すね毛の脱毛について徹底調査!

 

自信を持ってお洒落を楽しめる、美脚美人に大変身しましょう。

 

 

【すね毛の脱毛方法は様々!メリットとデメリットは?】

 

すげ毛の脱毛方法は複数ありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

人によって肌質が違う為、自分の肌に合った脱毛方法を選択する事が大切です!

 

では、順番に見ていきましょう!

 

 

<カミソリによる脱毛!>

 

すね毛の脱毛方法として最も多いのが、カミソリによる脱毛です。

 

メリットは、時間や手間がかからず自分で簡単にできる事です。

 

しかし、カミソリで皮膚の角質も一緒に剃ってしまいます。肌の弱い人は、カミソリ負けを起こしてしまい、痒みや湿疹が出てしまう可能性があるので注意です。

 

また、カミソリによるすね毛の処理を入浴中にする人が多いですが、正しい処理方法を知っていますか?

 

入浴中に処理する理由として多いのが「シェービング代わりにボディーソープを使用する。」や、「剃った毛をそのまま流せる。」でした。

 

実は、その考えは間違いなんです!

 

ボディーソープは汚れと一緒に油分を落としてしまう効果があり、シェービング代わりにボディーソープを使用してしまうと油分が落ちた肌にカミソリをあててしまう為、逆効果です。

 

そして、浴室には目に見えない細菌や雑菌が多く繁殖しています。カミソリで肌の表面が無防備になっているところに細菌や雑菌が侵入してしまうと、炎症を起こしてしまう可能性もあります。

 

カミソリによる脱毛には、充分なスキンケアと清潔な室内での処理が必要です。

 

 

<毛抜きによる脱毛!>

 

毛抜きによる脱毛をしている人も、意外と多いのではないでしょうか?

 

メリットは、毛根から抜き取る事ができる為、次の毛が生えてくるまでの期間が長いという事です。

 

しかし、すね毛はかなりの広範囲に生えている為、毛抜きで1本1本抜いていると時間と手間がかかりますよね。

 

そして、抜く度にチクチクと痛みや痒みを感じる事はありませんか?

 

更に、毛根から引き抜く際に毛細血管を傷付けてしまうと出血をする場合もあります。

 

そして、毛抜きで脱毛すると最も多いトラブルが「埋没毛」です。

 

毛が再生するよりも先に皮膚が再生して毛穴を閉じてしまう為、皮膚の下で毛が再生してしまいます。

 

すると、皮膚の表面からは黒いポツポツが見えてしまうのですが、皮膚の下の毛を抜く事ができません。

 

せっかく脱毛しても黒いポツポツができてしまったら、あまりキレイとは言えませんよね。

 

毛抜きで脱毛する場合は、毛が生えている向きに沿って丁寧に抜く事が大切です。

 

 

<脱毛クリーム・ワックスによる脱毛!>

 

近年注目されている脱毛クリームやワックスも、すね毛の脱毛に使われています。

 

メリットは、決められた時間待って洗い流すだけで広範囲の脱毛ができるので、簡単で時短になります。

 

しかし、脱毛クリームやワックスには毛を溶かす為の強い薬が配合されている事が多く、肌に合わないと肌荒れ・湿疹・炎症などのトラブルを起こしてしまう可能性があります。

 

事前のパッチテストが必ず必要です!

 

そして、脱毛クリームやワックスで処理できるのは、表面に生えている毛だけです。

 

なので、処理をしてもすぐに毛が生えてきてしまい、使用頻度が高くなる可能性があります。

 

「特定の日に処理する為に使う」程度の使用が、オススメです。

 

 

それぞれの脱毛方法にメリット・デメリットがありますが、参考になりましたか?

 

いずれの脱毛方法にも欠かせないのが、処理前・処理後のスキンケアです。

 

保湿を充分にする事で仕上がりが変わってくるので、しっかりスキンケアをしましょう!

 

 

 

>>ツルツル肌に仕上がるクリーム!ジョモリー(Jomoly)の詳細はこちら